吃りの友人についての話

吃りの友人についての話

私は中学生時代吃りの友人がいました。詳しくはどもり 原因で!
周りの人にはどもっているというだけて奇異の眼差しで見られ、中には明らかに避ける人がいて私はそんな状況を見ていられませんでした。クラス替えで一緒になるまではその子のことは知らなかったのですが、クラスが一緒になったときにこの事に気づき、この子を避ける周りへ違和感から、むしろこの子と友達になることにしました。

 

話してみるとこの子は吃りながらでもゆっくり話すように促せば十分に話せることがわかりました。この子は漫画や小説が大好きで、私の知らないおすすめの本をたくさん教えてくれたり、私の世界を広げてくれました。吃りは私との間でも沢山ありましたが、吃りは緊張が下がれば緩和されるとどこかで聞いたのを思いだし、出来るだけリラックスして話せるような雰囲気作りを気を付けていたのは覚えています。結局卒業してお別れする頃も吃りの様子は変わらずでしたが、この子と友達になることができて本当によかったと思います。詳しく知りたいならどもり 原因を参考に